夏のうっかり日焼けを防ぐために

夏は露出が多くなる季節ですよね。
服装は半袖やノースリーブになり、また、足元もサンダルやミュールを履き、肌は無防備になりがちです。
うっかり日焼けをしてしまい、後悔した経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?
肌は紫外線を受けると、肌を守ろうとしてメラニン色素を作ってしまいます。
それが繰り返されると、積み重ねで黒く色素沈着してしまいます。
黒ずみになるのを防ぐために、紫外線対策は欠かせません。
露出の多い夏の時期は特に注意が必要です。
うっかり日焼けをしやすいのは、首や足元です。
顔だけバッチリ日焼け止めを塗り、首を塗り忘れてたなんてことはありがちですよね。
首が日焼けすると、顔の肌の色と差ができ、恥ずかしい思いをしてしまいます。
顔だけでなく、首も忘れずに塗りましょう。
また足元も日焼け止めを塗らない方は意外に多いです。
夏はショートパンツやサンダルなど足元の露出が増えるため、ひざやくるぶし、足の甲なども忘れずに塗りましょう。
面倒な方は、スプレータイプの日焼け止めを外出前にシュッとスプレーしていくのが良いでしょう。
また、それでも日焼けしてしまった場合はアフターケアをきちんと行いましょう。
冷やしたタオルなどで炎症を抑えたり、いつもより念入りに保湿をしてくださいね。
夏はノースリーブやサンダルなど、思い切りお洒落をしたい季節です。
予防とアフターケアを心がけて、白い肌を守ってくださいね。
夏のうっかり日焼けを防ぐために

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です