良く、脱毛サロンの注意事項などに、脱毛前にはお酒を飲まないように記載されていることがあります。
これはいったいなぜなのだろうか?というように感じる方も多いと思います。
これにはれっきとした理由があります。
お酒というのは、飲酒をすることによって体の血行をよくしてくれるという効果があります。
それによって体はほてってしまうようになっているのですが、この体のほてりが大敵です。

脱毛用のレーザーなどといったものは熱のこもった光を当てるものですから、肌はより熱を持ちやすくなります。
そこに熱があらかじめあったりしますと、肌が赤みがかったりなどしますし肌も敏感な状態になりやすい時ですので、通常なら大したことないような刺激でも湿疹などがでることもあります。

当サイトオススメ情報:
恵比寿の脱毛サロン情報

また、過度の飲酒は体の水分を減少させる作用もありますが、水分の少ない肌の状態で脱毛の施術を行うと、乾燥しやすい状況ですので肌のかゆみなどが悪化してしまうようなケースもあります。
その他にもお酒を飲んでいると、酔ってしまっていることにより周りに迷惑をかけるようなケースもまれにあるでしょうが、基本的に肌トラブルを起こしやすく、脱毛した部分の赤身や熱がなかなか沈静化しないようなことにもなりますので、
アルコールを摂取した後は、基本的には脱毛処理はできないのです。
脱毛をする前日くらいにはお酒を飲まないように心がけてください。